IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社の傘下であるグリーンラボ株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役:長瀬勝義)は、昨年より全国各地に建設しているSAF(スマートアグリファクトリー)において、同社独自の縦型水耕栽培装置「Bi-Grow」(バイグロウ)を用い新規農業参入事業者の参画を推進し、バジルの生産をスタートしている。そしてこの度、より効率の高いフードサプライチェーンの構築を目指し、佐賀県鳥栖市にHUB(集荷場兼バジル買取センター)を設置。9月中旬より稼働を開始させることを決定した。


【バジルの概要】
 バジルは国内でも栽培されて いるが、 農業従事者の減少と高齢化により生産量は年々減少傾向にある。また「べと病」と言う 病害 に より 生産量は さらに減少している。 加工用原料となるバジルは大手加工メーカーを始め調達が困難と なっており、 海外からの輸入 品 が多くを占めている。しかし、 安心安全な国産バジルを求める ニーズは年々高まっており、輸入品から国産 品 への切り替え が 急務となっている。

【同社が販売している国産バジル同社が販売している国産バジル】



【SAF (スマートアグリファクトリー)事業 】
 これまでの同社の SAF 事業は、 50,000 千円程度の 大きな 投資が必要 であった。 参入希望者数は多いものの、 初期投資額の大きさから 実際 に事業 参入する企業 が 限定されてしまっていた。
 農業参入障壁の一つにこの大きな投資があり、同社はより多くの参入希望に応える仕組みを 今年2月より検討開始 。小規模システムを利用した 生産物買取制度を実施する為、 HUB(集荷場兼バジル買取センター の設置 を今年5月に決定 し、 9月中旬稼働を目指す。

【2019 年 8 月より稼働を開始した「さがスマートアグリファクトリー」の 様子 】

【小規模投資により農業事業参入障壁を下げる 】
 これまで大きな投資を行わなければ参入 困難 であった植物工場事業。今回の HUB 稼働により、 比較的 少額な投資( 1,000,000 円 程度~) による事業参入 が可能となった。

【買取可能エリア について 】
 同社は、生産物の 買取可能なエリア について、 今回稼働の HUB までの 運搬時間が 半径1時間程度のエリア 内 とし、北部 九州 エリア流通拠点である佐賀県鳥栖市を 選定 。
 このHUB の設置 により、福岡県・佐賀県・熊本県の一部 ・大分県の一部 が 買取 可能 エリアとなり、 これ までの SAF 事業のネックであった「 参入場所が 限定 されている 」 という課題解決に繋 がることとなる 。
 また、 生産物 の 買取に関しては、 同社が指定する買取条件をクリアすることで、参入事業者は同社へバジル を 販売 することが 可能 。


【今後の予定】
 HUB(集荷場兼 バジル 買取センター)の9月稼働を目途に、買取可能エリア( 前記 4県)での小規模事業参入セミナー を 開催 し 、各地で事業参入者を募集します。
 私たちは、これからも 地域産業をリデザインし、新しい価値をお客様に提供してまいります。

【昨年東京で開催した事業者募集セミナーの様子 】

事業参入セミナー等、事業者募集 に関する イベント 情報 は、グリーンリバーホールディングスホームページ及び同社公式 Facebook ページにて 告知いたします。

■本件に関する詳細ページ

グリーンリバーホールディングスホームページ

■本件に関するお問い合わせ先

グリーンラボ株式会社
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前 1-4-4 JPR 博多 8F
TEL:092-409-3847(担当者:西日本支社営業)