【本リリースの概要】
 IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社の傘下で、独自の縦型水耕栽培システムを展開する農業ベンチャーのグリーンラボ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:長瀬勝義)は、佐賀県佐賀市にある佐賀県立佐賀商業高等学校の生徒との共同企画で、グリーンラボが生産した九州産のバジルを使用し、調味料「ガバッジオ」を開発しました。11月9日(土)、10日(日)10時より、「2019さが環境フェスティバル」の「さが学美舎(さがまなびや )」ブース内において販売を開始いたします。

 イタリア料理の前菜でおなじみのカプレーゼやカルパッチョをはじめ、フライドポテトやポップコーンにふりかけるなど用途は無限大です。お肉料理はもちろん、隠し味や香り付けとして少量加えるだけで、料理の風味や旨味がアップします。
塩、胡椒に並ぶ調味料としてご家庭から飲食店まで幅広くご利用いただけるよう、小売店など多くの店舗で取り扱いを行っていく予定です。

【商品について】
名  称:バジルソルト(商 品 名 :ガバッジオ)
価  格:税込み 500円 ※上記イベントにおける特別価格です。
原材料名:塩、バジル
内 容 量  :30g
販 売 元  :グリーンラボ株式会社

【開発の経緯】
 佐賀市バイオマス産業都市の実現に向け、高校生の視点からPRに取り組んでいる佐賀商業高校「さが学美舎」では、生徒達の新たな取り組みとして、進出企業と連携した商品開発の提案を実施。同社がそれに応える形で国産バジルを使用した商品開発プロジェクトが始動しました。プロジェクト名を「Glee Cycle」=「喜びの輪」と題し、この取り組みが地域の活性化に寄与し、ひいては全国に広がるようにとの想いを込めて開発を進めてまいりました。その結果、調味料「ガバッジオ」が完成にいたりました。

【2019年8月より稼働を開始した同社の「さがスマートアグリファクトリー」の様子】

■本件に関する詳細ページ

Value Press

■本件に関するお問い合わせ先

グリーンラボ株式会社
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前 1-4-4 JPR 博多 8F
TEL:092-409-3847(担当者:岩下)