【本リリースの概要】 

 IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス株式会社の傘下で、独自の縦型水耕栽培システムを展開する農業ベンチャーのグリーンラボ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役 長瀬勝義)は、外食産業界の現況を支援する為、全国6圃場にて生産しているバジルを無償で飲食店に提供した第1弾に引き続き、第2弾として飲食店と共同で万能ソースの開発を行います。同社は外食産業界へも農産物を納品しており、 まず農業は出荷先があって初めて成立する事業です。その為にも、新型コロナウィルス対策支援の初回同様、飲食業界を含めたフードサプライチェーンを維持する事が最重要です。

 新型コロナ対策支援の初回としてフレッシュハーブ100gを無償にて提供させていただきましたが、ご利用された店舗からは続々と感謝の声が集まっております。その中には、バジルをソースに使用した事例が数多く寄せられました。そこで、第2弾の今回は、店舗のレシピを開示していただき、同社が共同でソース開発を行います。ソース開発で完成した商品の売上の一部を飲食店に還元する事で、店舗が新たな収入を得ることができると考えました。今回、この企画に参加する飲食店を福岡県に限定し募集致します。

【栽培しているバジルの様子】

【同社が開発したドレッシング】

【同社が開発したソース】

■参加希望の飲食店さまは、下記よりエントリーお願いします。

【Googleforms】https://forms.gle/Yf7CS3DPdmUy1vtCA

【本リリースに関するお問い合わせ先】

●グリーンラボ 株式会社 
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前1-4-4    JPR博多8F 
TEL:090-1510-9920 (担当者:大黒) 

●関連情報【本件に関する詳細ページ】 
■グリーンリバーホールディングス ホームページ https://www.greenriver-hd.co.jp/
■【公式】グリーンラボFacebookページhttps://www.facebook.com/greenlab0223