WORKS

未来型農業 SMART AGRI FACTORY 誰でも、どこでも、簡単に、豊かになる農業パッケージ 未来型農業 SMART AGRI FACTORY 誰でも、どこでも、簡単に、豊かになる農業パッケージ

SMART AGRI FACTORY とは? SMART AGRI FACTORY とは?

独自の水耕栽培にIoTと再生可能エネルギーを
活用した
未来型農業です。

誰でもできる農業 誰でもできる農業

MOVIMAS社と開発した独自のIoTシステムにより
遠隔地でも環境制御が可能です。
また、環境制御だけでなく
運用のデータ収集・分析を行い、
今後の運用に反映できます。
就農時にトレーニングを実施するため、
初心者でもはじめられます。

誰でもできる農業 誰でもできる農業

どこでもできる農業 どこでもできる農業

地方に眠る遊休資産を利用

どこでもできる農業

縦型の水耕栽培装置をインストール

どこでもできる農業

どこでもできる農業

構築イニシャルコストを
大幅に低減

従来

スマートアグリ
ファクトリー

植物⼯場は⽣産性は⾼くなるが、
イニシャルも⾼いのが問題
利⽤していない施設を有効利⽤する事で
プロダクトコストを低減化

↓ ↓

投資回収年月も短くなり、より低単価な野菜を作ることができます。

豊かになる農業 豊かになる農業

「Smart Agri Factory」の高い生産性

豊かになる農業

垂直両面式水耕栽培装置
「Bi-GROW(バイグロー)」
を使用

Bi-GROW(バイグロー)とは?

Bi-GROW TOWER

空間を有効活用し、スペースを取らない垂直両面式の水耕栽培システム

従来の垂直両面式の水耕栽培システムを改良し、
裏面にも定植できることで、更に省スペース、高収量を実現した栽培システムです。

■サイズ
高さ 1,500mm  幅 100mm  奥行 100mm

■材質 PP

■1本あたりの収量(バジルの場合) 約10kg/年間

私たちのSMART AGRI FACTORYの
展開単位となる標準的サイズの
ビニールハウス1棟(567㎡、テニスコート約2面分)

1年間に収穫可能なバジルの量を
従来型の土耕栽培で収穫しようとすると、
サッカーコート約2.5面分の広さを必要とします。

従来型の土耕栽培に比べて
ハウス1棟で
サッカーコート約2.5面分の収量

どこでもできる農業

ファーム作業の簡易化

どこでもできる農業 どこでもできる農業

CASE STUDY

実証モデル

豊かになる農業 豊かになる農業

日本最大級のバジルファームを構築

千葉県香取市

香取ベース
ハウス面積:2,268㎡
タワー本数:5,640本

岩手県八幡平市

八幡平ベース
ハウス面積:1,470㎡
タワー本数:3,465本

福岡県久留米市

善導寺ベース
ハウス面積:2,016㎡
タワー本数:5,736本

佐賀県佐賀市

佐賀ベース
ハウス面積:2,268㎡
タワー本数:5,640本

宮崎県都城市

都城ベース
ハウス面積:2,016㎡
タワー本数:4,885本

沖縄県恩納村

恩納村ベース
ハウス面積:320㎡
タワー本数:500本